読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうちにピアノがやってきた~♪

数年ぶりに登場したピアノを中心に日々を綴っていきます

試行錯誤…

次男の次のレッスン。
「今日は先生と弾いて対策を考えよう」となりました。

一人だと弾けるのに、合わせるとダメ。
「タタタタタ、タタタって言ってみて」
「じゃあ手を叩いてみて」
「この伴奏に合わせて手を叩いて」
「弾いて」
うーん…
「伴奏のリズムちょっと変えてみましょうか」
やっぱりダメ。

本人もだんだん不安になってきていて、出るのが遅れちゃうってのもあるみたい。
「合わないところは伴奏を極力音を下げて、次の頭から合わせるようにしましょうか」
と妥協案が出ました。

まあそれも仕方ないかなぁ。

翌日。
気を取り直し「やってみよう!」
と始めると、

合わない。
「また頭から」
次も惜しい!
「頭から。合うまでやる」
と次男が指示出し。

次男も次男なりに相当気にしていたようで、
私の手をじっと見てる?
と思ったら
「母ちゃんがこの音を弾いたら、入ればいいんだね」
と自分なりにタイミングを見つけたようで。
おーーーすげーーー

でやってみると、
合った?
「頭から」
微妙
「頭から」
惜しい
「頭から」
合った?
「頭から」
合った?
「次行く」

おっとー!!
出来た?出来た?

まだ不安定ではあるけれど、ぐっと良くなってきた!

曲全体のボリュームに関しても
「母ちゃんは頭だけ大きい音を出すけど、僕はここからずっと大きく弾くんだよ。スラーだし難しいんだよ。」とのこと。
前回先生が言っていた事を覚えていたみたい。

こっちが思っているより、記憶力、理解力、
根性があって、しっかりしている。
なんだか偉いやつ。。。
頼もしいです。